口約束という契約事情

フリーランスエンジニアは、やりがいの強い仕事を自ら選んでいくことができます。会社員時代に上から与えられた仕事しかすることができなかった人でも、積極的に自分から仕事を選ぶことができます。したがって、モチベーションを高く仕事に臨めるのが利点でしょう。自分のキャリアにプラスになる仕事だけを選んでいけば、目的とする地位に早く到達できます。
中には社会に大きな変化を巻き起こす仕事もあるので楽しいです。

ただし、自分で仕事を取ってくるときには、いくつか気をつけることがあります。まず、正しい契約書の作り方はマスターしておくのが賢い方法になります。IT業界では口約束のみで契約が完了するケースが珍しくありません。口約束も立派な契約の一種なのですが、トラブル時に自分を守ることができません。自分で契約書を作れるようになれば、どんな相手との取引でも安全度を高められます。相手が口約束しかしない場合も、自分の側から書類を提示できるので安心です。

万が一トラブルになったときには、契約書のあるなしが裁判の行方を左右します。書類を作成するときには、具体的な日付や金額を可能な限り記載するようにしましょう。そうすることで、曖昧さを排除できます。会社によっては仕事が終わってから報酬の額を下げてくることもありますが、きちんと書面で数字が残っていれば、それはおかしいと指摘することができます。裁判時にも主張が通りやすくなるので便利です。

このように、フリーランスになると自由度が高くやりがいのある仕事を選択できる一方、悩みも同時に押し寄せてきます。
ただ、この《フリーランスでの悩みを色々解決》というサイトを見る限り、独立後の色んな状況について事前に知っておくとトラブル回避に繋がりそうです。

No comments yet


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です