フリーランスにとっての契約書とは

コンピューターの技術が進み、インターネットが人々の暮らしの中で当たり前のように存在している今、働き方についても少しずつ変化が見られるようになってきています。もっとも顕著なのが会社勤めではなく、個人で責任を持って仕事を請け負うフリーランスや個人事業主といった形をとる人が多くなっていて、会社という組織を挟まないことによってクライアントと密接なやり取りができて、状況によっては発注する側と受注する側にとってメリットが大きくなります。

しかし物事には常に良いだけではなく悪い側面もあって、企業側の求めに個人が応じられない、または仕事に対する正当な報酬が得られないなどのトラブルも存在しています。フリーランスというのはあくまで独立した形で仕事を行うことで、責任感に関しては後ろ盾のなさから、会社以上に大きなものがあるのですが、これは目に見えるものではありません。それゆえ重要になってくるのが契約書で、仕事を発注する、受注する、双方にとって明確な取り決めをしておくことが求められるのです。

企業にとって安心して任せられる個人というのは実は少なく、仕事をしっかりと行ってくれる能力だけではなく、求めるのは納期を守るという信頼性も必要となってくるのです。これに関しては実績をあげていくしか知らせる方法はなく、また個人だからと簡単に切り捨てられることの内容に、どれだけ小さな仕事であっても契約書を交わすことが大切になってきます。

No comments yet


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です